シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
868views

日本のテレビの流行を先取りする方法

日本のテレビの流行を先取りする方法
将来、テレビの需要が減っていくと言われています。
しかし、最近のテレビ業界の盛り上がりを見ているとまだまだテレビの影響力が強いように感じます。

話題性のあるテレビドラマの続出

最近のテレビ番組の中で特に盛り上がりを見せているのがテレビドラマではないでしょうか。常に注目を集めるNHKの朝ドラはもちろんのこと、軒並み高い視聴率を獲得するテレビドラマが多いようです。

例えば、少し前になりますが最強の家政婦が活躍するドラマが視聴率40%を超えたということで話題を集めました。
さらに記憶に新しいものでは銀行を舞台にしたもの、主婦の不倫がテーマのものなどが注目されました。

これらのドラマのキーワードや決め台詞などが流行し、多くの皆さんが真似をして一度は口にしたのではないでしょうか。

面白くない?バラエティー番組

テレビが面白くないという人たちの批判が集中するのがバラエティー番組です。
テレビを観ない多くの人が最近のバラエティー番組を「くだらなすぎる」、「どの番組も同じようなことをやっている」との理由でテレビを観なくなった、さらには家にテレビが無いという人までいます。

しかし、バラエティー番組はただ観ている人を楽しませるだけでなくドラマ同様に話題性があり、流行を生み出すこともあるため重要なコンテンツであることは間違いありません。

日本人はマネが得意

筆者が以前通っていた学校の授業で映画監督の講師がこんなことを言っていました。
「日本人はマネをするのが上手い。」

その講師の話によると以前、映画の撮影でヨーロッパのある国のホテルに宿泊したに現地のあるテレビ番組を観たらしいのです。
それから約半年後、日本に帰国してテレビを観ているとヨーロッパのホテルで観たテレビ番組とほとんどソックリな番組が始まったとのことです。

ちなみに、その番組とは最近終了した社会現象を巻き起こした一つ屋根の下で男女が共同生活をする様子をノンフィクションで放送するという内容でした。
斬新な設定とリアルな人間模様が描き出され、人気番組となりましたが講師の話を聞いてちょっとガッカリしました。

おわりに

インターネットの普及により、以前に比べればテレビの需要は減りつつあります。
経済の不況などの影響で制作費が限られたなかで番組制作をするとどうしても似たようなものになってしまうのかもしれません。
もし、皆さんが「自分だったらこんなテレビ番組をつくってみたい!」というようなアイディアがあれば、何らかの形で発表してみてはいかがですか。

今の時代、誰でも情報の発信が出来るようになったのですから。


スポンサーリンク
スポンサーリンク