シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1734views

風邪をひいたらこれ!風邪に効くおかゆ5選

風邪の時の食事といえばおかゆですよね。
おかゆ
シンプルなおかゆはお米しか使わないのですぐにできます。
風邪をひいて体がつらい時にも、おかゆはすぐにできて、しかも体があたたまるので必ずと言っていいほど食べますよね。
日本人ならではの病人食です。消化にもいいですしね。
そんなおかゆにひと手間加えて、更に効果をアップさせてしまいましょう。

うめぼし

梅干しが湯
思い出しただけで唾液がでる、うめぼし。
実はその唾液が更におかゆの消化を助けてくれるのです。
うめぼしをいれると酸味もあるので、食欲も増進されます。
傷んだりしないので、いざというときのためにストックしておいてもいいかもしれません。

たまご

たまごがゆ
たまごも冷蔵庫にある可能性の高い食材です。
たまごは安くて栄養価の高い食材です。
風邪のときには体力が落ちているので栄養をとって菌との戦いに備えましょう。
炊いたおかゆに溶き卵をまわしいれ、おたまで軽くかき混ぜて火を通すときれいにできます。
栄養価の高いたまごですが、あまり消化によくないのでしっかり噛んで食べるようにしましょう。

ねぎ

ねぎ
万能ネギでも長ネギでも、ねぎはとってものどにいい!
のどが痛いときにはねぎのはいったおかゆがおすすめです。
整腸作用もあるので、おなかを壊している風邪にも効きます。
小口切りにしてほかのおかゆと合わせて食べてもいいですね。

ショウガ

生姜湯
あたたかいおかゆにショウガをいれると体がぽかぽかに!
ショウガを千切りにして一緒に煮込むだけ。
生のショウガがなければ、チューブのショウガでも代用できます。
もしショウガだけで食べづらいなら、鶏がらスープの素をいれるとうまみがプラスされて食べやすくなります。

大根・ニンジン

大根人参が湯
ニンジンと大根のおかゆ。ちょっと離乳食みたいですね。

大根には消化を助ける働きとのどに効く成分が入っており、
ニンジンには粘膜の乾燥を防ぐ効果があります。
切っただけだと火が通るのに時間がかかるので、すりおろしていれるとすぐに煮込めます。
少しポン酢をかけて食べると殺菌効果もプラスされて、食べやすくなります。

おわりに

風邪はウイルスの病気なので、薬などでは治りません。
風邪に一番効果的なのは、自分の免疫力をあげて、ウイルスを体の中に入れないことです。
ひき始めに自分の症状に合ったおかゆを食べて、ウイルスを体から追い出しましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク