シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
438views

ご主人の大量の荷物を片付ける方法

ご主人の大量の荷物を片付ける方法
男女問わず、物を捨てられない方って多いですよね。
最近は、断捨離ブームで、断捨離に目覚めた奥様も多いと思います。

そんな中、ロマンティストで、いろいろな物を大事にしているご主人いませんか?
例えば、衣類などの装飾品はもちろん、マンガ、ゲーム機、フィギアなど、クローゼットだけではおさまらず、部屋も占領しているなんてこともあると思います。

ここでは、物を捨てられないご主人をお持ちの奥様が、ご主人の大量の荷物を片付ける方法をご紹介します。

ご主人の荷物を一度全部出す

部屋に出しっぱなしの荷物の量は、把握しているかもしれませんが、クローゼットに
しまってある荷物を一度全部出すと、その量にご主人も驚かれると思います。

まずは、ご主人に荷物が多いということを自覚させることから始めましょう。

期限を決める

しかし、ご主人によっては、ご主人の荷物を勝手に触ってほしくない方もおられるでしょう。
ましてや、クローゼットにしまってある荷物まで全部出すと、怒る方もいるかもしれません。

そんなご主人には、「いつまでに整理できなかったら、私の独断で整理するね。」と伝えましょう。
期限は、具体的に決めた方がいいです。
例えば、子供が小学校に入学したら、今、物置になっている部屋を子供部屋にしたい。
など大事なイベントを目標にするのが、一番効果的です。

転勤で引越しの予定がある場合も使える方法です。引越しまでには整理するように伝えると良いでしょう。
きっと、奥様の独断で整理はしてほしくないはずですから、慌てて片付けるご主人も多いと思います。

明らかに使っていない物、ご主人も忘れていそうな物を一度隠す

一大イベントや引越しもないご家庭では、期限を決めにくいかもしれません。

そんな時は、クローゼットの奥にある明らかに使っていない物、ご主人も忘れていそうな物を一度隠しましょう。
もし、万が一捨てた後に、ご主人が思い出したら大変です。
ご主人が絶対に見ない場所に一度隠し、一年くらい過ぎたら、もうご主人が思い出すこともないので、捨てても大丈夫です。

寄付するところを決める

意外に「捨てる」ではなく、「寄付する」という形をご主人に提案すれば、ご主人も納得されるかもしれません。

特に衣類は、寄付を受け付けている団体を探しやすいですし、ご主人も手放すことを納得しやすいと思います。
ご主人も捨てられるより、誰かの役に立てた方が、手放しやすいかもしれません。

おわりに

どの方法を試すにしても、実践したことでご主人との仲が険悪になったら、大変です。
ご主人の性格などを考慮して、できることから進めましょう。無理は禁物です。

そして、もしご主人が自ら整理に協力してくれることになった時は、この量まではOKというルールも決めておくと、ご主人も気もちよく整理できると思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク