シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
424views

消極的な方がママ友を作る方法

ママ友をつくるには?
ママ友を作る方法
明るい方って、とっても魅力的ですよね。
周りには人が集まり、いつも楽しそう。
学生時代、社会人になってから、結婚して子供が生まれてからも、いつもそんな存在に憧れる場面があると思います。
うらやましいけど、もともと消極的な性格の方は、幼稚園などでなかなかママ友を作ることができない。という方もいると思います。
ここでは、そんな方がママ友を作る方法をご紹介します。

基本は、挨拶から

積極的になりたい。と思っても、人それぞれ性格は違います。変わりたいと思っても、
そう簡単に変わることはできません。話をしたいけど、会話が思いつかない。という方も
多いと思います。そういう方は、まず笑顔で挨拶をすることから始めましょう。
そこから、会話が生まれることもあります。

相手の話をよく聞く

挨拶後、話すことが思いつかない時は、簡単な会話をしましょう。
天気の話、お子様の話、夕飯のメニューなど、頑張って何か一つ質問をして、相手の話の聞き役になってください。
楽しい話の時は笑顔で、悲しい話の時は、親身になってなど、相手の気持ちに合わせて
聞き方を工夫しましょう。時には相槌をうち、一生懸命聞いていることを表現しましょう。

仲良くしたい人が見つかったら

いろいろな人の出会いの中で、「お友達になりたいな」という人が出てくるかもしれません。そんな時は、少しずつでいいので、自分の話をしましょう。
楽しかったこと、嬉しかったことはもちろん、そんなに深刻な悩みでなくてもいいですが、
ちょっと今悩んでいることなどを打ち明けてみましょう。頼られて悪い気がする人は、
あまりいないと思います。楽しい会話の中に、時々、自分の胸の内などを話してみると、親しさが増すかもしれません。

外で会う約束をしたら

ランチなどの約束をした場合は、最初からお互いの家に行くことは、避けましょう。
飲食店などで、ゆっくりランチをして、相手のことをよく理解しましょう。
飲食店選びは、二人でよく話し合って、お互いに無理のない場所にしましょう。

家に誘われたら

何度かランチをするうちに、家に招待してもらうということもあるかもしれません。
その時は、相手の都合の良い時間帯に訪問しましょう。
始めての訪問の時は、お菓子などのお土産を持参するようにしましょう。
楽しくて時間が何時間も経過してしまったということがないように、相手の都合も聞きながら帰る時間を考えましょう。もちろん、帰る際は、ご自分が使った食器などは、簡単に片付けをして帰りましょう。しかし、キッチンに入られるのを嫌がる方もいるので、食器はまとめるだけにして、シンクまでさげるのはもっと親しくなってからにしましょう。
そして、次回は自宅にも招待しましょう。

おわりに

ママ友と言っても、ここからがママ友と一概には言えません。
たとえ、ランチなどに行かなくても、幼稚園などで会った時に親しくお話するだけでも
りっぱなママ友です。あまり、頑張りすぎないようにしましょう。
本当に気が合う人は、自然と集まってくるものです。
そして、せっかく仲良くなれたママ友、「ママ友」という言葉にこだわらずに、付き合っていくうちに、「ママ」という言葉がとれて、「友達」となっているかもしれません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク