シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
857views

お正月にあげるお年玉の相場は?

お正月にあげるお年玉の相場
お年玉はいくらあげたらいいの?
イマドキの子はいくらもらっているのやら…

お正月になるとお年玉が楽しみでしたが、あげる方からしたらいくらあげていいのか、いくら用意していったらいいのか、頭を悩ませる材料でもあります。あんまり少なくてがっかりされても嫌ですし、多すぎて来年が大変になってしまっても困ります。
今回はお年玉のだいたいの相場と傾向をまとめました。

小学校入学まで

小学校入学までのお年玉の相場は
1.000~2.000円です。

お年玉をあげるというより、おもちゃや乳幼児用の洋服にすることが多いようです。
赤ちゃんにお年玉をあげても使えませんしね。
ママも助かる、便利グッズをあげたりもするようです。

小学生

小学生にあげるお年玉は
低学年だと3.000円
中学年と高学年だと5.000円となっています。

イマドキの小学生は結構もらっているんですね~。
やはり少子化ですから、一人にかけられる金額が
高くなっているようです。

中学生、高校生

中学生と高校生にあげるお年玉は
どちらも5.000円が相場のようです。
お年玉以外に入学祝いや卒業祝いをあげるケースが多いようで、そのためこれくらいの金額になるようです。

中には7.000円などの半端な金額の人もいましたが、
用意するのが大変なのでだいたいはお札1枚になるように
お年玉を用意しているようです。

社会人になるまで

あげるかあげないか迷ってしまう年代の相場は
10.000円です。
これ以外にも成人式や入社祝いもあるので、お年玉としての金額はだいたいこのくらいのようです。

来年からは社会人になるので、もらう側から
卒業してあげる側になりそうですね。

おわりに

全体的に見て、お年玉の相場は
1.000~10.000円です。用意しやすい金額になっているようです。

親類に子供が少ない場合はもっと金額が高くなる傾向にあります。
お年玉の相場も気になりますが、何歳まであげればいいのか、自分は何歳からあげたらいいのかも迷うところです。

皆さん基本は働き出したらもらえなくなり、
あげる側になるようです。

自分がお世話になった分、次の世代に返していこうという
気持ちが大切ですね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク