シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
368views

長く生きるための5つの方法

長く生きるための方法
老衰で亡くなることはあるのか?
人は誰でも年を取ります。しかし老衰が原因で亡くなることはないそうです。
細胞にはたしかに寿命がありますが、細胞が衰えることによって生物が死ぬことはありません。

細胞が衰えた時に起こる病気や怪我が致命傷となるのです。
つまり長生きをするためには、いかにして病気や怪我をしない生活を送るのかがカギとなります。

座っている時間を短くする

立っている時間が長いと、遺伝子の「テロメア」という部分が長くなります。
これにより遺伝子が壊れにくくなるのです。

遺伝子が壊れにくくなれば、若く健康的な体を維持されるため、長生きに繋がります。

自分の体を過信しない

「過度に楽観的な人」より「将来を気遣う悲観的な人」の方が長生きしている人の割合が多いという結果があります。
自分の健康と安全に細心の注意をはらい、有事の際はすぐに専門家に頼るようにしましょう。

ストレスをためない

ストレスは睡眠や食欲といった生活の重要な局面に大きな影響を与えます。

できるだけストレスの原因となる行動は避け、抱えてしまったストレスもためないように努めましょう。
没頭できる趣味や何でも話せる友人を持つとストレスが発散できますし、生きがいにもなります。

下半身を鍛える

運動はもともと健康に良い行為ですが、特に下半身を鍛えると長生きに繋がります。
足腰を強くすることによって、バランス・柔軟性・持久力がつき、怪我をしにくくなるからです。

コーヒーを飲む

コーヒーには抗酸化物質や生活活性物質が多く含まれています。
そのためコーヒー愛好家の長寿率は高いという結果が出ています。

しかしコーヒーに含まれるカフェインが睡眠欲の妨げとなるため、就寝前にコーヒーを飲むことは控えた方が良いでしょう。

おわりに

5つの方法をあげましたが、睡眠時間をしっかりと確保し、バランスの良い食事を一日三食食べ、運動をするといった規則的な生活を送ることが基本です。病気や怪我をするリスクを減らせば減らすほど、人間の寿命はますます延びていくことでしょう。

いずれ不老不死も現実のものとなる日がくるのかもしれません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク