シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4958views

鼻づまりを解消する5つのコツ

鼻づまりを解消
なぜ片方だけ鼻がつまることがあるのか?
実は人間の鼻の穴は交代で作用しています。
自律神経系からの指示で数時間ごとに活動を交代しているのです。

つまっていない時でも常に出入りする空気の量は左右で異なっています。
が、空気の出入りをする量が少ない方は花粉症やアレルギー等の影響を受けやすく、そちらだけつまってしまうことがあるのです。

首を傾けて鼻をかむ

鼻をかむからには確実に鼻つまりを解消したいものです。
しかしせっかく盛大に鼻をかんでも思うように成果が得られない時があります。

奥で鼻水がせき止められているのです。
そういう時はつまっている穴と反対の方へ首を傾けてから鼻をかむと、うまい具合に鼻水が移動してくれます。

ペットボトルを脇に挟む

ペットボトルがない場合は、握りこぶしでも大丈夫です。

つまっている鼻の反対の脇に挟んで10秒ほど圧力をくわえましょう。
すると、脇にあるセンサーが反応して鼻の交感神経が刺激され、鼻腔に隙間が生まれるのです。

運動をする

軽く体を動かすことによって血流の流れが良くなり、鼻づまりが解消されやすくなります。
特にウォーキングや逆立ち、腕立て伏せ等の手段が有効です。

鼻を温める

暖かいタオルやカイロを鼻のうえに乗せておくと、血流の流れが良くなります。
また湯気を吸い込んでも、あたたかな空気が通ることにより刺激され、鼻づまり解消に効果があります。

鼻をつまんで息を止める

深呼吸をして息を吐ききってから鼻の穴の先の方をつまみます。
そうして息を止めた状態で2秒ほどゆっくり頭を上下に動かします。

すると「酸素が足りないから鼻の穴を広げなければならない」と脳が判断し、鼻づまりの要因となっていたたまった血流を流れやすくしてくれるのです。

おわりに

鼻が詰まっていると眠りが浅くなりますし、何より不快です。

また鼻づまりが原因で副鼻腔炎等の病気になる場合があるため早めの対処が必要です。
上記の方法をもってしても解消されない場合は、専門家に相談して早急に解決した方が良いでしょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク