シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10714views

初心者でも飼いやすい猫の選び方

猫の選び方
「猫を飼いたいけど初めてだから少し心配…」「できれば飼いやすい猫が良いけどどの種類が良いの?」等のようにお悩みの人はいませんか?
確かに猫は自由奔放で犬と違い、人にあまり懐かない性格です。でもできることなら少しでも飼いやすい方が良いですよね?
そこで今回「初心者でも飼いやすい猫の選び方」について紹介していきます。

オス・メスだったらどっちが良いの?

まずは猫のオス・メスについて見ていきましょう。

オスの場合、好奇心旺盛で遊ぶことが大好きな猫になります。
そのため、目を放した隙に違う部屋へ遊びに行く・所構わず爪とぎをする・常に構って欲しいとねだると言ったことをします。
一方メスは、猫本来の性格が出ていると言って良いでしょう。
気分屋で「構って欲しい!」と来たと思えば「近寄らないで!」と態度を急変させたり、中にはエサが嫌だとわがままを言う場合もあります。
もし猫初心者の人であれば、気分屋でないメスではなく好奇心旺盛で遊び好きなオスをお勧めします。

種類は何が良いの?

猫は種類によっても性格の違いや毛の長さまで大きく違ってきます。それを踏まえて初心者が飼いやすい猫を紹介します。
まず「アメリカンショートヘアー」です。
理由として猫の中でも好奇心旺盛な性格で、大人だけでなく子供や犬とも良好な関係を築けるためです。そして何より他の猫に比べて体毛が短いため、ブラッシングの手間が省けますし毛球症になりにくい種類と言えます。

次に「ロシアンブルー」です。
この猫は猫としては珍しく大きな鳴き声を上げることも少ない種類で、性格もこれまた猫にいては珍しい大人しい性格をしています。また先に挙げたアメリカンショートヘアーよりも短毛の種類ですのでブラッシングの手間が大いに省けます。
とは言っても遊び好きですので、適度な運動はしてあげましょう。

最後に最近人気の「マンチカン」です。
マンチカンは猫特有の好奇心旺盛な性格で家の中を隅々まで探索し、中には狭いところにも侵入してしまう困った所もあります。しかし、猫には珍しく飼い主に大いに甘える性格です。オス・メスにかかわらず「構って欲しい!」と鳴く事も多いようですので

猫と大いに遊びたいと言う人にはお勧めの種類です。

猫は子猫から飼育した方が良いの?

書籍や雑誌に「猫を飼育するなら子猫から!」と書かれていますが本当に子猫からの方が良いの?と疑問を感じる人も多いと思います。結論を述べますと、できれば子猫から飼育することをお勧めします。
理由として、猫が成長しますと自分の中で独自のルールを構築しており、こちらからのしつけや指示を無視する傾向があります。一方、子猫であればまだ成長段階ですので「ここがトイレ」「ここが爪とぎ場所」のように教える事も容易です。
猫を何匹も飼育されている人なら大人の猫を飼育しても問題ないですが、初心者の段階ではしつけしやすい子猫をお勧めします。

おわりに

猫を初めて飼育する場合、やはり飼いにくいよりも飼いやすい猫の方が良いですよね?
無理に長毛の種類を選択したり、飼いにくい猫を初めの内に購入しますと飼育が難しく、中には飼育を投げ出す人もいます。そうなると不幸になるのは野良になって保健所に連れて行かれる猫自身になります。

上記を参考に、猫の飼育が初心者でも問題ない猫を選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク