シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
450views

離乳食づくりに便利なグッズはコレ!ベストバイ5選

初めての赤ちゃんの世話で毎日疲れていませんか?
離乳食づくりに便利なグッズ
そのうえ、生後5か月を過ぎたあたりから、離乳食を作らなくちゃいけないなんて、もうそんな余裕全然ないよという方も多いはず。
でも、そんなことを言っても、できれば手作りで離乳食を作ってあげたいというのが親心ですよね。
そんな方にお勧めの離乳食づくりに必要な便利グッズをご紹介します。

すりこぎ

多くの人が必ず使うであろうものが、この「すりこぎ」です。とくに水分の少ないものを細かくするときに使います。
とくに、魚や鶏肉などはすりこぎが便利です。これは100円ショップで売っている小さなものも便利ですが、大量につくって冷凍させることを考えるときには、大きめの「すりこぎ」が便利です。ぜひ使いやすいものを探してくださいね。

ポテトマッシャー

これは、目から鱗でした。ポテトマッシャーは、何をつぶすにも便利です。10倍粥を作るにも、ジャガイモやサツマイモをつぶすにも使うことができるので、多くの場面で活躍してくれます。
できるだけ大きな目のものではなく、細かく小さな目のポテトマッシャーがいいと思います。
私は離乳食のおかゆを作る時に必ず使っていました。

おろし器

これは、果物(とくにリンゴ)を食べさせるときに使いました。
リンゴは果汁でもいいのですが、すりおろした方が多くの栄養素を取れると思います。
それに加えて、凍らせたトマトをおろし器でおろして、離乳食を作るのも便利です。
野菜はできるだけ多く摂取したほうがいいので、おろし器などをうまく利用していろんな野菜を取れるようにしていました。

小さなシリコンスチーマー

シリコンスリーマーは、大きなものから小鉢のサイズのような小さなものがありますよね。
離乳食は、早く作る必要があるので、料理するときには電子レンジも活用して、短時間で手早く作れるとママの負担も減りますよね。
シリコンスチーマーは、そのためには大きく活躍してくれます。

小鍋

離乳食は、煮込むのが基本です。
歯が無い子供でも歯茎で食べられるような料理を作るのですが、大人に比べれば本当に少量。
だから、調理器具も小さなもので十分です。
私はミルクパンと呼ばれる片手鍋を愛用しております。

おわりに

どうしても子供の食事は、パパよりもママの方が作ることが多くなってしまいます。
そして、子供の世話も結局はママが主導。
パパには少しずつ教えるしかないのですが、それまでママが少しでも手抜きできるように、短時間で離乳食づくりができるようにとこのベストバイアイテムをまとめてみました。
ぜひ、参考にしてみてください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク