シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1001views

食品を捨てない無駄の無い活用術

食品の無駄の無い活用術
一口に冷凍する、といっても「これ冷凍できるの?」素材を選びますよね。
意外と冷凍できないと、思っている人が多い物をここに挙げてみました。

きのこ類

冷凍した方がおいしくなるので、安い時に買ってきて、あえて冷凍しましょう。しいたけは、軸だけとって切れ目を入れて冷凍。その他のきのこは石づきを切って冷凍します。凍ったまま、普通の要領で使えます。

たまねぎ

玉葱も冷凍できるんです。薄くスライスしてジッパー付ビニールで冷凍。すりおろしてもOKです。
ドレッシングなどに、ちょっと入れる時など、すりおろしも便利です。

トマト

丸ごと冷凍で大丈夫。使うときにお湯をかけると、皮もつるっと剥けちゃいます。
シチュウなどの煮込み料理に、即席のホールトマトが出来ちゃいます。(へただけは、取ってからにして下さい)

きゅうり

薄く輪切りでOKです。サラダは無理でも、酢の物や浅漬けには、ぴったりです。

葉物

葉物全般に言えることですが、よくお湯にくぐらせてから、水気を切ってといいますが、洗うとき最後に熱目の湯をかけるだけでOKです。今の葉物は昔とは違い、あくはあまりありません。(あくの強い場合は別です)

貝類

あさりやはまぐりなど、潮干狩りなどで沢山取ってきたり、安いから、多く買っておきたい時には、冷凍できるんです。
塩水で砂だししたら、そのまま冷凍して大丈夫です。
ジッパー式ビニールの空気を出来るだけ抜いてピタッとして下さい。
使用するときは凍ったままで、普段使いOKです。
    

やまいも

山芋は、見た目に日持ちはしますが、あっという間にあくが回ってしまうんです。
だから、余ってしまったら、すりおろす(千切り)用途にあわせた形で、即冷凍しましょう。使う分ずつ分けておくと忙しい朝などには便利です。

ごぼう

千切りやささがき。買ってきたら、暇なときに切って置きましょう。
切ったらあくを抜いて冷凍OK。

なす

切ってあくを抜いたら、そのままでもOKですし、油に通して冷凍しておけば、レンジでチンして、天つゆ&かつお節をかければ、茄子の揚げびたしの出来上がり。 

ヨーグルト

冷凍で全く問題ありません。自然解凍で元通り。

納豆

納豆も問題ありません。
ひき割り納豆より、丸大豆のほうが栄養価が高いといいます。(ねばりの問題)スーパーでひき割りを買うと、ねばりの問題で引けをとり、せっかくの納豆のよさが台無しだそうです。冷凍すれば、さくさく切れて、ひきわりもその場で簡単に出来ます。

冷凍しておくことで、賞味期限を気にせず、無駄をなくす事ができるので、ぜひ試してみてください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク