シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1157views

ハムスターを購入する場所の注意点

ハムスターを購入する場所
ハムスターは知名度が高くなっていますので、多くのペットショップだけではなくホームセンターでも販売されている事があります。どこでも
手軽に手に入るのは嬉しい事ですが、その分注意することが幾つかあります。中には購入して数日したら病気にかかっていた事に気づく場合があります。ではどのような事を気をつけたほうが良いのでしょうか?

ペットショップ・ホームセンターの店員さんで判断する

基本的なところですが、まず確認して欲しいのが店員さんです。
「店員さんだから知識は問題ないのでは?」と思いがちですが、中には教育が行き届いていない場合があります。店員さんの中には、販売しているにもかかわらず「ジャンガリアンハムスターですか?」とハムスターの種類、そして飼育方法を理解していない人もいます。
販売しているのに知識が無いなんておかしいですよね?そのため、店員さんには最低でも飼育方法については確認してみましょう。

ペットショップ・ホームセンターの飼育環境を確認する

店員さんの次に確認していただきたいのは飼育環境です。
手入れが行き届いているペットショップ・ホームセンターであれば、掃除された飼育ゲージに新鮮なエサ、そして健康なペットが皆さんをお出迎えしてくれます。

しかし、中には劣悪な環境のペットショップ・ホームセンターもあります。
そんなところで「うちのペットは皆健康ですよ!」と言われても、信用できませんね…。
ですので、飼育環境も必ず確認しておきましょう。

ハムスターの値段に惑わされないようにする

ハムスターの種類によっては1匹980円の種類もいれば、1匹3.000円を超える種類もいます。
ここで注意したいのが同じ種類なのに値段が違う事です。

例えばここに2匹のゴールデンハムスターがいたとします。
Aのゴールデンハムスターは1匹1.280円で販売されています。しかしBのゴールデンハムスターは同じ種類なのに1匹500円で販売されています。そこで「安いからBの子にする!」と言ったらいけません。なぜ安いのかを店員さんに聞いた方が良いでしょう。

安い理由は「年齢」「性格上の問題」「出産を終えている」「多く仕入れすぎたため」等、多数の理由があります。最後の「多く仕入れすぎたため」なら問題はありませんが、同じ種類で安い場合は必ず理由がありますので確認するようにしましょう。

おわりに

最後になりますが、ハムスターを購入するのはわざわざ遠出しなくても近場でも可能になりました。とは言っても、販売店が増えたと言う事はそれだけ店舗によって販売されている環境が違うとも言えます。
ただ単に近いから、安いからと言って選択するのではなく必ず上記の確認をしてから飼育するようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク