シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1740views

ハムスターのトイレは何を用意した方が良いの?

ハムスターのトイレ
ハムスターは愛くるしい見た目と違い、種類によってはトイレを覚えてくれる賢い小動物です。とは言っても、トイレにしても多くの種類があり、更にトイレの所に敷いておく砂はどうしたら良いのかと迷いどころです。そこで今回、ハムスターのトイレについて何を用意した方が良いのかを紹介していきます。

トイレのサイズはどのぐらい?

まずはトイレのサイズについてです。
ハムスターのトイレは広すぎてはいけません。理由として広すぎると安心してトイレができないためです。野生のハムスターも同じように狭い空間の中で食事をしたりトイレを行っています。そのためその習慣が残っているからか狭いトイレを好みます。とは言っても狭すぎると今度はトイレ内で身動きができないため、飼育しているハムスターのサイズの3~4匹分のスペースは確保しましょう。

トイレの場所は?

ではトイレの場所はどこに置けばよいでしょうか?
ハムスターは飼育環境によってトイレの場所が異なります。ある子は隅っこでしますし、またある子は巣の近くでトイレを行います。一番間違いないのは、四隅のどちらかに置いておく方法です。しかし、飼育している子の状況を良く見て場所を確定しましょう。

トイレの砂は何が良いの?

最後にトイレの砂についてです。

初心者にオススメなのは鉱物系のトイレ砂です。
この砂はオシッコをしますと、した場所の砂だけが固まりますので固まった所だけ捨てれば良いので楽ですし値段もそれほど高価では有ありません。とは言っても、不燃ごみですのでゴミだしだけは注意しましょう。

もし慣れてきましたら木粉系のトイレ砂がオススメです。
このメリットは消臭効果が他の砂よりも高く、燃えるごみへそのまま捨てることができます。しかし、オシッコをされますと大きな塊になり、数日放置するとカビが生えてしまう恐れがあります。ですので消費量が鉱物系よりも増えてしまうので、ストックは必要になります。

以上のようにトイレ砂は、初心者は鉱物系、慣れてきたら木粉系にしましょう。

おわりに

ハムスターは小さな外見に似合わずトイレを覚えてくれる賢い動物です。とは言ってもすぐに覚えるものではありませんので根気強く教える必要があります。トイレさえ覚えてしまえば掃除の手間も少なくなりますので必ず覚えさせておきましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク