シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1196views

皮だけではもったいない、柚子の丸ごと活用法

柚子の丸ごと活用法
みなさんは柚子をどうやって使っていますか?
皮以外は使わない人もいるようですが、柚子は皮と果肉と種にいたるまで、余すところなく使える万能な果実なのです。

ぜひ、その魅力を存分に味わってみませんか。

とにかく栄養素が豊富です!

柚子は香りだけでなく栄養素もかなり豊富で、ビタミンCは柑橘系の中でもとても多いです。
皮に含まれるビタミンCはレモンの2倍。飾りとしてだけでなく、しっかり皮も食べましょう。

皮にはベータカロチン、果肉にはクエン酸も含まれているので、柚子を丸ごと使えば、風邪の予防や疲労回復など、疲れた体に嬉しい効果も期待できます。

お料理には皮と果肉をたっぷり使いましょう。

柚子は特別なときだけでなく、日常的にも使いやすいものです。
毎日のお味噌汁に皮を散らしたり、お漬け物に入れても楽しめますね。

果肉は果汁を搾って、ポン酢を作るのがおすすめです。
ポン酢は買ってしまう方も多いと思いますが、自宅でも簡単に作れます。

調味料の配合で様々な風味が楽しめますので、自分にぴったりのレシピを探してみてくださいね。

手軽に楽しみたい「はちみつ柚子」

とても簡単に作れて、柚子の栄養を丸ごと摂れるのが、はちみつレモンならぬ、はちみつ柚子です。
柚子を輪切りにしてはちみつで漬けるだけ。はちみつと柚子はだいたい同量くらいです。
種にも栄養分がありますので、種も忘れずに入れてくださいね。

そのまま食べても良いのですが、おすすめはお湯で割ったホットはちみつ柚子です。
疲れたときや風邪気味の時にぜひ試してみましょう。

お風呂にも入れてみましょう。

柚子と言えばその香り。柚子湯には体を温める効果があるので、冷え性の方にぴったりです。
肌荒れにも効果があると言われています。
一般的には丸ごとお風呂に入れることが多いですが、切っていれるのも効果的だと言われています。

ただし、お肌の弱い方は要注意!肌に刺激となりぴりぴりしてしまうことがあるので、切り目を少し入れて試してみるなど、自分に合った方法で入浴してくださいね。

柚子の種が化粧水に!

捨ててしまいがちな種ですが、柚子の種で簡単に化粧水を作ることができます。
アルコール度数35度以上の焼酎かお水に柚子の種を浸しておくだけで、とろとろ保湿効果のある化粧水になります。

顔に使うのはもちろんですが、冬に乾燥しがちな手にもおすすめです。
有害なものが一切ないので、お料理の最中でもつけられて、とても便利です。
気がついた時にさっと塗っていれば、冬でも乾燥知らずのつるつるな手をキープできますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。柚子は特別なものではなく、毎日気軽に活用できる万能素材です。
ぜひ、色々なシーンで柚子パワーを感じてみて下さいね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク