シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7417views

猫(ネコ)を清潔に保つ方法

清潔に保つ方法
人間と同じ生活空間で生活するネコたち。最近では室内飼いが増えて来ましたが、住居の清潔さを保つためにはネコもイヌと同様にシャンプーすべきなのでしょうか。

水嫌いは先祖ゆずり

野生のネコでも水に平気なのはごく一部だけ、飼いネコだったらほぼ100%水は大嫌いなはずです。ネコの毛はイヌの様に全体に脂分が行き渡らないので、水をはじくことができません。

だから水に濡れたネコは、まるで別の生き物の様にペッタンコになってしまうのです。これを乾かすのはかなり困難、ネコが水を避けるのは本能と必然性の両方から生ずる行動なのです。

ネコは普段から頻繁に毛づくろいをしていて、本人なりに全身を清潔に保つことを心がけています。外に出さなければ特にシャンプーの必要は無いと言えます。
但し換毛期以外でも日常的に毛は抜けるので、ブラッシングをこまめにしてあげて、部屋の掃除に力を注ぐことをおすすめします。

大混乱のシャンプー・タイム

それでも長毛種のネコや、長期間の汚れが気になる場合などは、時々シャンプーする必要も出て来るでしょう。これにはかなりの覚悟が必要です。小さい時からシャンプーに慣れさせてあるネコならまだしも、水に慣れていないネコを洗う作業は、まさに1つの闘いです。

お風呂場にはネコの絶叫が響き渡り、飼い主もろともズブ濡れ、そして例え大好きな飼い主であろうと、追い詰められたネコは遠慮なくツメをたてます。
無事に洗っても、ネコはまたドライヤーが大嫌い。全ての工程を終える頃には、ネコも飼い主も疲労とストレスでぐったり。

おわりに

どうしてもシャンプーが上手く行かない時には、全身に付けてなじませてから拭き取るだけの、泡タイプのドライシャンプーもあります。最後の手段としては、プロのトリマーさんにお願いすればもう安心。

基本的にネコは余り汚れません、時々ホットタオルで拭いてあげれば充分。それよりも清潔感を保つなら、ネコよりも部屋の掃除を先にしましょうね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク