シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
350views

難しくない!「読み聞かせ」をしよう

読み聞かせ
子供に読み聞かせをしてあげたい!でもどうやって読めばよいの?上手く読めない・・・。と悩んでいませんか?
読み聞かせは難しいものではありません。気負わず気軽に始めてみましょう。

いつから始めればよいの?何歳までやればいいの?

赤ちゃんがお腹の中にいるうちから初めてもOKです。
読み聞かせで大切なのは、お母さんの声で読んであげることだからです。
上手に読もうとする必要はありません。子供と一緒に楽しみましょう。

また、本の内容によってはお父さんの声の方が子供受けする場合があります。(たとえば恐い話など、低い声の方が迫力ありますね。)
とにかく、お父さんやお母さんと絵本を通じて一緒に時間を過ごすことが大切なのです。

そのため、一人で本が読める年齢になったからと言って、読み聞かせを止める必要はありません。
小学校卒業するまで読んであげましょう。

子供が聞いてくれない、本に興味がない?

0歳の子に読んであげても、分からないのではないか?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
読み聞かせをするということは、子供に沢山のインプットをするということです。

まだ言葉が話せない時でも、本を通じて沢山言葉を伝えてあげることが大切です。
また、読み聞かせしていても聞いていない、本を投げたり舐めたり時もあると思います。

しかし耳には届いていますし、破いたとしても決して取り上げず、
一つの遊び道具として身近な存在にしておくことが大切です。

どんな本を読んであげればよいの?

本選びで困った場合は、月齢や年齢に応じた本は、図書館や専用の絵本紹介サイトなどで特集されていることが多いので参考にしましょう。

また、少々難しい本でも読んであげれば大丈夫なので、対象年齢については正直そこまで神経質になる必要はありません。
長い本は、何回かに分けて読むなど工夫をしましょう。

また、お気に入りの本は何回でも読んであげましょう。

おわりに

読み聞かせをすることは、子供の言語能力や創造力を伸ばすのにとても効果的です。

しかし、読んであげる側が気負いすぎて負担になってしまうようでは、続かないし、その様子は子供にも伝わります。
読み聞かせは難しくありません。子供と一緒に楽しみましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク