シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2972views

捨てるのちょっと待って、その米のとぎ汁使えます

米のとぎ汁
日本人はやっぱりお米。毎日食べるためにお米をとぐのももはや日課と言えるかもしれませんね。
でもちょっと待って!そのお米のとぎ汁毎回捨てていませんか?

とぎ汁にはビタミンB、,ビタミンB2、でんぷん、脂質など栄養豊富なものがたくさん含まれているだけに、活用法は本当にさまざまなんです。
知らなきゃ損する、米のとぎ汁の活用法です。

ワックス効果あり

とぎ汁をスプレーに入れて、床の雑巾がけの時に使ってみてください。
ワックス効果があるのでピッカピカなります。
とぎ汁に含まれているγグロブリンという成分が、活性海面財の効果を発揮してくれるのだということ。
化学薬品も全く含まれていないので、環境にも、家庭にもやさしく、安心ですね

陶器類を使う前に大活用

新しく購入した陶器製の土鍋。
使う前に一度消毒したほうがいいのか悩んでしまいますよね。
そんなときにも大活躍です。米のとぎ汁で土鍋を洗って見てください。時間があればとぎ汁を煮るともっといいです。
米のとぎ汁が陶器の細部に染み込んで、陶器を丈夫にしてくれるだけではなく、コーティングもしてくれるので、陶器も長持ちするんです。

植物の栄養剤にも!

米のとぎ汁に含まれている「ぬか」成分。
みなさんよくご存知だと思います。

そのぬかが植物には栄養となるんですね。
ただあげすぎると栄養過多にもなってしまうので注意が必要です。
あげる際はとぎ汁の上澄み部分だけにするほうがよいでしょう。

自家製洗顔剤に変身

もうご存知だと思いますが、栄養満点なだけに皮膚にもいいんです。
洗顔の際、2倍くらいに薄めた米のとぎ汁で洗顔してみてください。
お肌がプリンプリンになりますよ。

お米のとぎ汁は、最初のものを使うと農薬などが残っている可能性があるので、3,4回目のとぎ汁を使うことをオススメします。

油汚れの食器の付け置きに

汚れた食器の付け置きに利用できます。
桶にお米のとぎ汁を入れて食器を付け置きしておくだけで、頑固な油汚れの食器も、ささっとスポンジで洗う程度でOKです。

ひどい汚れの食器はあらかじめテッィッシュなどでふき取ってから付け置きしましょう。
水道代の節約にもなるので、お財布にもやさしいですね。

おわりに
大活用できるお米のとぎ汁。
毎日出るものなので、開いたペットボトルなどにあらかじめためておくとよいかもしれません。
ただ栄養豊富であるだけに、ためたとぎ汁は出来るだけ早く使うようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク