シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2032views

猫のお手入れ方法。目や耳のチェックしていますか?

猫のお手入れ

猫も人間同様に様々な箇所をお手入れしなければなりません。
特に目や耳は猫にとって重要な箇所でありますので、念入りにお手入れをしないと病気や障害を抱える原因になります。

ではどのようにお手入れをすれば良いのか?

目元のお手入れ

まずは目元から解説します。

目元が健康な場合、はっきりと開いており目ヤニや膜が発生することもありません。
健康に保つには日々のお手入れが必要になります。

方法として濡れた脱脂綿や濡れた表面が滑らかな高級ティッシュを利用しましょう。
目元にゴミや涙跡にゴミが付着していましたら強くでは無く軽くふき取りましょう。この時注意することは片目ずつティッシュを交換しましょう。
また、目に直接触れますと目にダメージを与えますので気をつけましょう。

とは言えもし、目元のお手入れをしている時に上記で紹介した症状が見えましたら必ず病院に連れて行きましょう。

耳のお手入れ

次に耳のお手入れです。

健康な耳であれば綺麗で異臭もしませんし吹き出物もできていません。
しかし不健康ですと異臭、そして黒いアカやダニが発生しています。

そうならないためにも耳のお手入れをしましょう!
方法は濡らした綿棒、もしくは脱脂綿を用意しましょう。
耳の奥の奥まで掃除したい気持ちは分かりますが、見える範囲の汚れで問題ございません。
奥までやりすぎますと、耳の中にダメージを与えてしまいそこから細菌やウィルスが進入する可能性があるためです。

しかし、もしも耳に上記のような症状が出ていた場合、目元同様に病院に連れて行きましょう。判断が遅れますと耳が聞こえなくなる、または死に至る可能性もありますので注意が必要です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
目元・耳元のお手入れは猫にとって必要な事ですので飼い主はお手入れタイムを必ずとるようにしましょう。
最初は嫌がると思いますが、徐々に慣らしていくようにしていきましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク