シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2357views

猫砂選びが分からない!それぞれの特性を紹介します。

猫砂選び
「猫砂って何が良いの?」「種類がいっぱいで分からない!」
猫のトイレに欠かせない猫砂。いざ猫砂選びに行きましたら皆さんを待っているのは数多くの猫砂です。
いったいこの中から何を選べばいいの!と思いますよね?

そこで今回、猫砂のそれぞれの特徴を紹介していきます。もし迷っている人がいましたら少しでも参考になれば幸いです。

紙タイプの猫砂

まず紹介するのは紙タイプの砂です。
紙タイプの特徴は「固まりやすい」「軽い」「値段が安価」と言う特徴を持っています。
特に猫の尿に対しては吸い込んだらすぐに固まりますので、処分する際に楽と言う意見もあります。

ただし、猫が紙材質の猫砂で暴れますと煙が立ちやすい、そして何より臭いを完全に吸い込みません。

鉱物タイプの猫砂

次は鉱物タイプの猫砂です。
鉱物タイプの特徴は「自然の砂に近い」「猫が暴れても煙が立ちにくい」「臭いとりに若干の効果がある」と言うポイントです。
特に自然の砂に近いため、猫の多くが気に入ってしまい中にはトイレで寝てしまう個体もいます。

とは言え「値段がやや高価」「猫のおしっこには弱く固まりにくい」と言った弱点があります。
そのため「猫がトイレで暴れやすい」と言った人には良いのでは?

木やおからタイプの猫砂

3つ目に紹介するのは木・おからタイプです。
このタイプは何と言っても「処分の手軽さ」が一番の売りです。
トイレの砂ごとゴミ袋に入れ、そのまま燃えるごみへ出すことが可能です。

とは言え「おしっこが固りにくい」「消臭効果が期待できない」「時には猫砂を食べてしまう事も」と言ったデメリットもあります。
もし処分を簡単にしたいのであればお勧めの方法です。

シリカゲルタイプの砂

最後に紹介するのはシリカゲルタイプです。

このタイプの特徴は「消臭力が高く糞尿関係なく消臭する」「重量が軽い」「飛び散りにくい」と言う特徴があります。
ただし欠点として「猫によってはにおいで嫌がる個体もいる」「燃えないごみのため処分が面倒」「尿の回数が分からない程吸収力が高い」
と言うことが挙げられます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

猫砂にもこれほどタイプ別に分かれています。
1つ1つ特徴を見ていき、自分の飼育環境に合った商品をチェックしていきましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク