シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1832views

知ればもっと楽しめる紅茶の種類

紅茶の種類
丁寧に入れた紅茶は最高のティータイムを提供してくれます。
でも、いつも同じ紅茶を頼んでいませんか?
自分の好みを知れば、いつも最適な茶葉を選ぶことができますよ!

まずは世界三大銘茶を知る

紅茶の世界三大銘茶と言えば

ダージリン(インド)
ウバ(スリランカ)
キーマン(中国)

です。
ダージリンは爽やかな口当たりでとても飲みやすく、芳醇な香りが特徴です。
香りを楽しむためにもストレートで飲むのがおすすめ。
水色は薄めです。一番摘みのファーストフラッシュ、二番摘みのセカンドフラッシュなど収穫の時期によっても味の違いが楽しめます。

ウバはやや渋みがあるのとミントのような爽やかな香りが特徴で、ミルクティーに最適です。
水色も美しいので、カップに注ぐ瞬間も楽しめる紅茶です。
キーマンは甘くスモーキーな香りが特徴です。好みは分かれるかもしれませんが、どんな食事にも合わせやすいですよ。

ミルクティーを楽しみたい時の紅茶

様々なアレンジがしやすいという点でおすすめなのがニルギリです。
他の茶葉に比べて際立った特徴がありませんが、その分どなたでも飲みやすいのです。

飲み方もストレートだけでなくミルクを入れてもレモンを入れても相性が良いのでたくさんの方が一緒に飲む時にも、好みによってアレンジできるのでおすすめです。

もうひとつ、アッサムの茶葉の小さい物は、ぜひミルクティーで飲んで欲しいものです。
紅茶の中でも非常に濃いのでミルクとの相性が抜群!ロイヤルミルクティーにしても負けませんし、インドでもチャイを作る時に使われています。
アッサムでも茶葉の大きいものはストレートで楽しめます。

フレーバーを楽しむ

フレーバーティーと言えば、一番メジャーなのはアールグレイですね。言わずと知れた、ベルガモットの芳香の紅茶です。
発祥はイギリスではなく中国からと言われています。

ベルガモットは柑橘系の香りで、精神をリフレッシュさせる効果もあるそうです。気分転換したいティータイムにはぴったりですね。

ちょっと珍しい紅茶を試してみたい時は、ラプサンスーチョンがおすすめです。
魅力的な言葉の響きではありませんか?これは中国で作られるフレーバーティーで、松の薪で薫製にした紅茶です。

独特の薫製の香りがするので、好みははっきり分かれますが、ヨーロッパの方には非常に人気の高い茶葉なのです。
飲みにくい場合は、レモンや砂糖を入れるのがおすすめです。

おわりに

紅茶はとても種類が多く奥が深いものですが、知れば知るほどその魅力にはまってしまいます。
ご紹介したのは一般的なものばかりですが、ひとつずつ味を覚えていくと自分の好みがわかってきますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク