シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3754views

上司や先輩に好かれるための5つのポイント

上司と先輩
会社生活で、とても重要でとても面倒なものと言えば、多くの人が「人間関係」と答えるのではないでしょうか?
どこにいても、「人間関係」は切っても切れないものなのです。

その重要な人間関係を潤滑に進めるためには、上司や先輩に好かれることが、近道だと思います。
いざピンチの時にも助けてくれる人を作っておくことは、非常に有効ですので、今から好かれるための5つのポイントをご紹介いたしますので、試してみてください。

いつも元気にあいさつをする

幼い頃に言われませんでしたか?「大きな声であいさつしましょう」と。
これはとても大切なことです。
おはようございます、こんにちは、こんばんは、お疲れ様ですなど、
様々な挨拶となるフレーズがありますので、元気に言えるようになりましょう。

呼ばれたら、一目散に「ハイ」といって駆けつける

上司や先輩に呼ばれたら、すぐに行く。
これは社会人の基本動作なのですが、最近はされない方が多くいます。
呼ばれても返事をしなかったり、ゆっくりと腰を上げたり…。上司や先輩も人間ですので、自分を優先、敬ってくれる部下や後輩をかわいいと思わないはずがありません。もちろん、呼ばれた際には何かを頼まれると思って、ペンとメモを絶対に忘れないでください。

仕事の判断を勝手にしない

仕事は、仕事です。すべて勝手に判断することは許されません。
もし、自分がこうしたいというものがあったとしても、それは成熟した案ではない可能性がありますし、経験者に意見を聞くべきです。

そして、その経験者は、まずは先輩、上司に聞くのが理想的です。
ほかの方に聞いたとなると、上司の立場はなくなってしまいますので、注意が必要です。

もし、「やっぱり、○○先輩に聞いてよかったです~。」なんていえれば、先輩は大喜びするに違いありません。

アドバイスを受けたら、素直にやってみる

先輩や上司にアドバイスを貰ったら、すぐに実践してみましょう。
そういう素直な態度が好感を持つのです。

おわりに

先輩はや上司は、いつでも頼られると弱い人ばかりです。
だけど、頼り方というものがあるものです。

同じことを何回も聞くのは、頼るのではなく、ただの甘えです。

常にアンテナを張りながら、メモしたことを忘れずに、先輩や上司をたてながら、きちんと対応するのがかわいがられる秘訣です。
みなさんも頑張って、かわいい後輩・部下を目指しましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク