シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1206views

簡単にできるおいしい紅茶でおもてなしの方法

紅茶でおもてなしの方法
友人や親せき、近所の人などの突然の来訪に、どう対応していますか?折角来ていただいたら、お茶を出さないのは失礼ですよね。
でも、そのお茶って、おいしいものを淹れていますか?

ちょっと工夫するだけで、お客様も自分も心が温まるお茶をいれることができますよ。
今回はとくに紅茶の美味しい入れ方をご紹介します。

まずは、水。

自宅では汲みたての水道水がオススメ
紅茶にとって大事な一つである水。
水が美味しくなければ、どんなに高い茶葉を使ってもおいしくはなりません。

全般的に紅茶に合う水は、軟水です。
日本では、軟水がほとんどですし、水は新鮮なものが一番。
空気を多く含んだ水ならなおのこと美味しい紅茶になります。

温度は重要

沸騰した100度のお湯が一番。
温度管理は重要です。ぬるい温度でも、高すぎる温度でもダメです。
沸騰直後の100度が、おいしい紅茶を入れる条件です。

鉄分の含むポットでは入れない

鉄器などで沸かしたお湯は、鉄分が多く含まれてしまいますので、やめましょう。
鉄分は、紅茶と反応して色を黒くしてしまうことがありますので、ご注意ください。

ティーセットを用意

できれば素敵な白いティーセットを用意します。
白いティーセットが、初心者にはぴったりです。
紅茶は、香りと色を楽しむものですので、できれば白いティーセットの方が、よりキレイな紅茶の色を楽しむことができます。

ポットとカップはお湯で温める

基本のことなのですが、ポットとカップはお湯を注いで温めましょう。
淹れる直前まで温めておき、それからお湯をすてて、茶葉を淹れます。

これは、ティーバッグでも同じことをすると、とても良い香りと色味がありますので、ぜひお試しください。

ちょっとしたお菓子を用意しておく

突然の来客用に、日持ちのするお菓子を日頃から用意しておくと良いでしょう。
紅茶にあうお菓子といえば、「ショートブレッド」ですが、これはとても日持ちがしますので、オススメです。

おわりに

基本的には、水道水を沸騰させて、カップとポットを温め、茶葉を入れたポットに100度のお湯を注ぎ、ショートブレッドとともに紅茶をお出しします。
これが私のオススメする簡単な紅茶のおもてなしの方法です。

ぜひみなさんもお試しください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク