シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
641views

モルモットの主食、ペレットの選び方

ペレット

モルモットの主食として多くの飼い主が使用しているのが「ペレット」だと思います。
しかし「これだけです」と言うように数種類であれば迷いませんが、ペレットだけでも数十種類あります。これだけあるとどうしても迷ってしまいますよね?

そこで今回、モルモットに適したペレットの選び方について紹介していきます。

モルモットはどの栄養を摂取すれば良いの?

ペレットのお話しの前にモルモットに必要な栄養素について見ていきましょう。

モルモットは炭水化物・タンパク質・脂肪・繊維質・カリウム・ビタミンC・マグネシウムを必要とします。野生であれば草食動物ですので草の葉や茎、そして根っこを食べて栄養を補給しています。

しかし、飼育になりますと飼い主が与えなければこれらの栄養を補給できません。
そして厄介な事に、ビタミンCだけはモルモットの体内で生成されません。モルモットにとって上記の栄養も確かに必要ですが、体内で生成されないビタミンCは意識して摂取しないと不足してしまいます。

モルモットに適したペレットは?

上記の事を踏まえてモルモットに適したペレットを選んでいきましょう。

1番良いのがペレットに上記の栄養素が全て含まれ、尚且つビタミンCが多く含まれているものです。モルモット自身、ビタミンCを要とする量が5~10gになります。そのためその量が含まれているペレットが良いでしょう。

とは言っても全てのペレットがモルモットに必要な栄養素を含んでいるわけではありません。そんな時は副食でバランスをとっていきましょう!

例えば野菜・ドライフルーツ・牧草があります。
もし与えてみて「美味しい!」と食べてくれれば栄養補給とおやつの意味も込めて与えてあげましょう。

ペレットを交換したいけど大丈夫?

「今まで使用していたペレットがモルモットに適していない!」と思って別のペレットにしたいと考えると思います。しかし気をつけたいのがモルモットはエサにも非常に敏感です。エサが変わると「いつもと違う!食べたくない!」と言って食べない子が多いです。

ではどうすれば良いでしょう?
そこでオススメしたいのが徐々に変えていく方法です。
例えば最初の内は、今まで使用していたエサAを9、新しいエサBを1の割合で入れていきます。

もし食が良ければ徐々にその割合をBが多くなるようにしていきます。最終的には全てのペレットを新しいエサに交換できれば一番良いでしょう。

とは言っても中には「美味しい!」と言って新しいエサでも関係なく食べてくれる子もいますので、全てのモルモットが警戒するわけではございません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
ペレット1つにしてもモルモットに必要な栄養を補給する重要なものになります。
とは言っても、飼い主がモルモットに必要な栄養素を把握していないと意味がありません。

可愛いモルモットを栄養の偏りで病気にしないよう、必ず必要な栄養素と適したペレットを選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク