シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
494views

猫でも発生する歯周病に気をつけるには?

猫

皆さんの中には「歯周病」と言う言葉を聴いた事がある、または知っていると言った人は多いと思います。

実は猫でも歯周病に掛かると言う事を知っていましたか?そこで今回、猫に関する歯周病について紹介していきます。

猫の歯周病に兆候はあるの?

猫が歯周病に掛かりますと兆候が出てきます。その兆候を幾つか紹介していきます。

まず口臭が出てきます。
エサやおやつを食べた後であれば仕方ないですが、時間が経った後や食事をしていない時でも臭う場合は注意が必要です。細菌が繁殖して臭いの原因になっています。

次に歯茎からの出血です。
通常、猫が食事をしますと簡単に歯茎から出血することはありません。
しかしキャットフードやおやつを食べた時に出血しましたら、歯茎が弱っている証拠です。

以上のような兆候が出てきましたら歯周病に掛かっている可能性は高いでしょう。

歯石を確認しましょう

人間でも歯石があるように猫でも歯石はできます。
磨き残しや歯磨き不足ですと、歯茎に歯石が溜まり始め歯周病の原因になります。

そのため小まめな歯石チェックが必要になります。
もし人間の目で見ても歯石が見えるようでしたら早めに動物病院に行き、歯石をとってもらいましょう。もちろん定期的に行えば、歯石を溜めることなく健康な歯を保つことができます。

歯周病に掛かるとどうなるの?

歯周病にかかりますと人間同様、歯が弱くなりますので思うような食事ができなくなります。そのため栄養失調や食欲不振の原因になります。

飼い主も柔らかいキャットフードの準備、またはキャットフードをふやかすと言った手間が増えます。歯周病は猫にとっても飼い主にとっても利点はありませんので予防をしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
歯周病は人間だけでなく猫でも同様に発生します。
可愛い猫のためにも歯周病に掛からないように定期的な検診、または歯磨きを行うようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク