シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
927views

フェレットは飼育しやすい?飼育しやすいポイントは?

フェレットの飼育

「フェレットって犬や猫と違って言う事を聞かないように見える…」「飼育が大変なのでは?」と思われる人も多いでしょう。
確かに犬や猫と違い、フェレットは飼育環境が整った最近になって有名になってきた動物です。そのため上記のように思われる人も出てきます。

しかしフェレットは他の小動物と比較しますと非常に飼育しやすい部類に入ります。
その理由を下記に紹介していきます。

飼い主の言う事を聞いてくれる

ハムスターやモルモットの場合、躾も多少できますが思うように行かないのが現実です。

ではフェレットはと言うと、飼い主とコミュニケーションがとれますので躾がしやすい小動物です。噛み癖を直す、トイレを覚えさせる時にもこちらから躾を行えばフェレットは自ずと言う事を聞いてくれます。
そのため躾ができないように思われがちですが、他の小動物と比べると比較的やりやすいのです。

飼育環境がすぐに整えられる

犬や猫の場合、住居環境や道具の多さ等ですぐに購入することができない人もいます。
しかしフェレットであれば、小動物さえ認められていれば飼育することができます。

また「大声で鳴く」「異臭騒ぎを起こす」と言ったこともありません。
確かに「クックッ」と言う声を出しますが部屋にいてやっと聞こえる程度の声ですので問題はないでしょう。また飼育スペースに関してもうさぎと同様の飼育スペースを確保できればほぼ問題はありません。

そのため「飼育したい!」と思い立ったらすぐにでも飼育できるのがフェレットの特権かもしれません。

飼い主に懐きやすい

フェレットは非常に懐きやすい性格の持ち主です。

こちらが相手をしていなくても、フェレット自身から近づいてきては膝の上に乗ったり馴れている子ですと肩や頭の上にまで乗ろうとします。
時には自分からおもちゃを持ってきて「遊んで!」と甘鳴きすることもあります。

そのため、遊びたいと考えている飼い主にとっては非常に良いパートナーと言えます。

おわりに

フェレットは懐きやすいですし、何より飼い主の言う事を聞いてくれるため飼育しやすい部類です。とは言え、飼育しやすいと言ってもある程度の知識は必要となります。

そのため衝動で購入するのではなく、ある程度勉強してから購入しましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク