シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
553views

妊婦さんが積極的にとりたい栄養素5選!


妊婦さんは食事にも気を配らなければいけません。
妊娠中はいろんなことを気にしないといけないので、大変ですよね。

なんだか吐き気がしたり、いまいち体調がすぐれない…
もしや妊娠!?
とってもおめでたいことですね。
しかし、妊娠したその日から赤ちゃんはおなかの中で成長しています!
その子の人生を決めるといっても過言ではない妊娠の期間。
特に気をつけたい食事についてご紹介いたします。

葉酸


妊娠超初期から必要になる葉酸。脳の働きを助け、神経をつくる栄養素です。

その名の通り、葉物に多く含まれています。葉物はそのままだとたくさん食べられないので、ゆでたり炒めたりしがち。
でもそうすると葉酸は水溶性なので流れ出てしまいます。
そこで、葉酸は食事のほか、サプリメントで摂取することをおすすめします。
妊婦さん用のサプリメントもあるので、ぜひ活用するべき。

亜鉛

妊婦 亜鉛低身長、低体重の危険を少なくする効果が期待できる亜鉛。細胞分裂を促す効果も。

亜鉛はカキやあさりなどの貝類に多く含まれます。カキは完全に火を通せばいいのですが、
つわりがひどい妊婦さんにはつらいかもしれません。
そんな時は煮干しとゴマでできたお菓子がベスト。カルシウムもとれて食べやすいです。

妊婦 鉄分
妊娠中は赤ちゃんに酸素を運ぶため、血液の中の赤血球が増えます。それを生成するのが鉄分です。

妊娠中は貧血になりがち。それは体の中の血液の量が増えているからなのです。普段から貧血気味の人は更につらいですね。
鉄分はレバーに多く含まれますが、過剰摂取になる恐れのあるビタミンAも多く含まれているので注意。
週に1・2回にしましょう。

カルシウム

妊婦 カルシウム
赤ちゃんに必要なカルシウムはお母さんの骨から運ばれていきます。 

赤ちゃんはお母さんの骨から必要なカルシウムを補っています。ですから、妊娠中はイライラしたり骨粗鬆症の危険があります。
カルシウムといえば牛乳ですが、必要だからととりすぎると、カロリーや脂肪をとりすぎてしまいます。
1日1杯にして、残りは高野豆腐などの低カロリー食品がいいでしょう。

水分摂取

栄養素ではないですが、1番必要なものです。

血液量が増えたり体温が上昇して汗をかきやすくなっているので、水分補給はこまめに行いましょう。
また、膀胱が圧迫されて頻尿になりがちなので、水分を多く取って排出するようにすると、膀胱炎の予防にもなります。

おわりに

太りすぎると早産などのリスクが高まります。揚げものやインスタント食品はさけましょう。
基本的に和食にすれば、カロリーも抑えられて、いろいろな栄養素も食事でとることができます。
楽しく食事をして、心も体も元気なマタニティライフを送りましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク