シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
321views

つら~い冷え性を少しでも改善する方法

冬になるとさらに悪化する冷え性。
冷え性
女性の大半の人が冷えに悩まされています。
女性特有の体の変化で起こることもあるので、根本的に治すのはかなり長期戦になります。
でも始めなければ何もよくなりません!
少しでも冷えを解消する方法を知っておきましょう。

なぜ冷えるの?


まずは原因をしっかり知っておきましょう。

主に冷えの原因として、体温の低下があげられます。
最近は低体温の女性が多くなってきているので、それに合わせて冷えに悩む人も増えてきています。
女性は冷えが原因で不妊の可能性もあるので、ほっておくといいことがありません。
体を温めることが最大の治療法です。

食べ物で改善!


食べることで冷えたり温まったりします。

冷えるもの
夏に多くとれるものが多いです。
きゅうり、なす、海藻類があります。
海藻などは冷え解消にいいミネラルを多く含んでいるので、
温めるものと一緒にとるなどして、バランスよく食べましょう。

温めるもの
冬でとれる根菜類が多いです。
根菜類は体を温め、血をサラサラにしてくれるので多くとりたいですね。
特に温め効果があるのがショウガ、ねぎ、にんにくです。風邪にもいいとされています。

偏った食事では効果がありません。
出来るだけ温まる食べ物を食べて、食事から改善しましょう。

漢方で改善!

漢方 冷え性
漢方薬を使うのも手段のひとつです。
冷えに効果のある漢方薬はたくさんあります。
自分がどこが冷えやすいか、また冷えによってどんな症状がでるのかによって全く違う漢方薬になるので、しっかり把握しておくことが重要です。
漢方薬による治療はすぐに効果を発揮するものではありません。
どちらにせよ、長期的に行うしかありません。

温め方で改善!

冷え性 温める
体をあたためることこそ最大の治療です。
前に記したとおり、冷えは体を温めて、血液の循環をよくすることで改善されていきます。
足や手は冷えるので温めると思います。
しかし、本当に冷えているのはおなか。実は手足が冷えるのは、おなかが冷えているために血液がお腹に集中しているからなのです。
ですので、腹巻きなどでおなかを温めることから始めましょう。

おわりに


冷えは冬にひどく感じますが、夏や暖かい時もおきています。
すこし温まったからと油断せず、しっかり温めて、冷えにくい体をつくりましょう。
血流の流れはストレスや寝不足でも悪くなります。
自分なりのストレス発散方法、安眠方法を見つけて、毎日楽しく過ごしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク