シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4005views

簡単にできておいしい!炊き込みごはん5選

炊き込みごはん
炊飯器が全部やってくれるので楽ちんです。
市販で色々な炊き込みご飯の素が売られていますが、
実は簡単に、おいしくできてしまう炊き込みごはん。
ご飯に味がつくだけでその日の食卓が豪華に見えるので不思議です。

炊き込みごはんのレパートリーを増やして、
お手軽に豪華にしちゃいましょう!

シーチキンご飯

シーチキンご飯
たったこれだけ!?の材料で出来ます。
お米の中にシーチキンの缶詰、しょうゆ、ごまを加えて
炊飯器の水の量まで水を足したら出来上がりです。
シーチキンの油とうまみがご飯に染み渡るので、
ほかの具材はなくてもおいしくいただけます。

鮭しょうゆバター

鮭しょうゆバター
鮭としょうゆバターは絶対の組み合わせですね。

鮭は少し焼いてから入れると香ばしくなってよりおいしくなります。
そこにしょうゆとバターと塩コショウと水を入れて炊くだけ。
前日に余った鮭を入れてもリメイクできておススメです。

ジューシー

ジューシー
ジューシーとは沖縄の炊き込みご飯のこと。

ひじきの煮ものと豚の軟骨をいれて、しょうゆ、みりんで味を調えて炊きます。
ひじきの煮ものが余った日につくると手間が省けて便利です。
圧力炊飯器なら豚の軟骨も柔らかく煮えますが、
もし普通の炊飯器なら豚軟骨をしょうゆなどで煮て、
余りものをつかうと味が染みていておいしいです。

サンマの炊き込みごはん


秋の味覚サンマを秋以外でも楽しみましょう。
サンマの水煮をそのまま入れて、しょうゆを加えて炊きます。
ショウガの千切りを入れて炊くと、味がしまっておいしいです。
缶詰はもともとから柔らかいので、
そのまま炊いても炊きあがった後にほぐせるので大丈夫です。

鳥とごぼうときのこの炊き込みごはん

鳥とごぼうときのこの炊き込みごはん
前日の余り物でOK!
前日に少し多めに鳥の煮ものをつくっておき、炊き込みごはんをする時に
汁ごといれます。あとはいつも通り炊けば出来上がりです。
残り物で出来るので、手間はかかりません。
味が具材にしっかりと染みているので、ご飯自体の味が少し薄くても
おいしくいただけます。

おわりに

缶詰や残り物をうまく活用すれば、手間もかからずあっという間に
おいしい炊き込みご飯が出来てしまいます。
もとから味が染み込んでいるものや塩辛いものは
炊き込みご飯にするとちょうどいい具合に仕上がります。

おかずの残り物がでたら、お手軽に炊き込みご飯にして、
品数を一品増やしちゃいましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク