シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
622views

玉葱やジャガイモのお役立ち保存方法

玉葱や、じゃがいもなどの根菜類って場所をとるから、保存が面倒ですよね。
玉葱やジャガイモのお役立ち保存方法
冷蔵庫では冷えすぎて駄目だし。。。
常温で保存しなければなりませんから、場所をとります。

最近100円均一に、根菜入れのネットとか、袋が売っていますよね?
わざわざ、それを売っているのは、みなさん置き場に困るからなんです。

よくあることですが、玉葱などは、まだ一個あまっているけど、けっこう使うし、日持ちもするし、安いからいいか!なんて買ってきてしまいがちな野菜です。

そして、つい、玉葱のネットに、上からゴロンと入れてしまいます。すると古い玉葱が下になって、気がつくと玉葱が「溶けてドロ~ンってなっていた」
じゃがいもが「しわしわになっていた」よーく聞く話です。せっかく安く買ってきたのに、腐らせてしまっては何もなりません。

そこで、みなさんに超お奨めなのが、デンセンしてしまったパンストの再利用です。
足に履くものですから、当然ムレないように工夫されていますし、とにかく便利です。

まず、真ん中から半分に切って、片足ずつに分けます。
そして、たまねぎ(あるいは、じゃがいもなど)を1個入れます。その後、入れた玉葱の上を、結びます。

図のように、一個ずつ独立させます。
使用するときには、結び目の下をハサミで切ります。            

今は、素敵なデザインのパンストが択山ありますし、色も豊富です。
トータルファッションの一部として、一役勝っています。       
ですから値段も高価なものが、結構ありますよね。
それでも、デンセンするリスクに変わりはありません。

「高かったのに残念!!」 
「まだ1回しか履いてないのに!!」そんなことがよくあります。

だからといって、デンセンしてしまったら、どんなに高価でも、残念でも履くことはできません。

それなら、「サヨナラ」と、ゴミ箱にお暇を出す前に、もう一働きしてもらいましょう。
玉葱(ジャガイモ)の残数も一目瞭然にわかるし、場所もキッチンじゃなくても、ベランダ(雨の日はとりこんで)で吊るして保存が可能です。

ラメ入りだったり、網目だったり、なかなか見た目もカラフルで楽しいですし、何よりも便利です。
さらにリサイクルで使い切った!という達成感?もあります。

ぜひぜひ、一度お試しください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク