シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2181views

ただの料理を豪華料理に“見せる”技!5選

ただの料理を豪華料理に見せる技
料理が苦手な人にとって、お客様を自宅でおもてなしするのは本当に苦痛です。
おうちも掃除しないといけないし、おいしいお料理を準備しないといけないし。

せっかくお客様が来るのになんだか憂鬱になっちゃいますよね。
せめてお料理上手なところだけでも見せ付けたい!特に高級素材や特殊な調味料を使わなくてもお料理上手に見せる技、さてどんな方法があるのでしょうか?

大きなお皿に盛り付ける

どんなお料理にしても、大きめのお皿に盛り付けるだけでかなり豪華に見えます。
料理のジャンルに関係なく使えるお皿の色はズバリ、「白」です。どんな料理にも映える色なのでぜひ、2,3枚は持っておくと助かりますよ。

お皿の中心に盛り付け、周りにはプチトマトやレタスなどを添えると色彩豊かに見えます。

大皿に取り分け皿のおもてなし

大きなお皿に盛り付けたお料理を、個人で取り分けて食べる方法がオススメです。
例えば、スパゲティを一人ずつお皿に盛り付けて出すと、お客様は「全部食べなきゃ」と義務感を与える印象があります。
大皿に取り分け皿だと、お皿の数が増えるだけで、たくさんのお料理が出されたような“錯覚”もおこすので、オススメです。

お惣菜もプチ豪華料理に大変身

お客様にお惣菜を?!と思うかもしれませんが、アレンジすればお惣菜だとバレないのでご心配なく。
例えばから揚げ。お惣菜のから揚げに軽く片栗粉をまぶして家でもう一度揚げると料亭のから揚げに。

お惣菜スパゲティなら、フライパンで冷凍シーフードミックスとからめれば、イタリアン料理並みのパスタに。
お惣菜プラスアルファ冷蔵庫にある食材、で豪華料理に変身できます。

緑色を使え!

彩り豊かに見せるのも料理上手の基本。でも緑の食材ってなかなかないもの。
そんなとき、パセリはとっても便利です。

これを料理の上にふりかけるだけで、なんとも鮮やかな料理に見えるんです。
チャーハンに、スープに、使い道はたくさんあります。

コップでインテリア

どこの家庭でもコップはたくさんあるはず。
その中でちょっと変わった形のコップはありませんか?

そのコップに3分の1ほど水を入れて、花を一輪挿してテーブルの中心に置いてみて下さい。
全く雰囲気が変わり自宅でプチランチ気分になります。

まとめ

お客様を自宅に招待するのはイヤだ!と思うのではなく、どうやって「おいしい料理を作るか」ではなく「どうやっておいしい料理に“みせるか”」という視点で考えると不思議とアイディアが浮かぶものです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク